志望の動機は転職の成否を決する

志望の動機は明確にしておこう

 入社を希望する企業に応募する際には、必ず志望の動機が存在するはずです。そして志望の動機は面接などの選考の場でも必ずと言ってよいほど問われるものです。志望の動機は応募した理由だけではなく、入社後のビジョンを問われていることも忘れないようにしましょう。企業側からすると、応募者の志望の動機は非常に大きな判断材料になります。それだけ応募者のやる気や個性が表れやすい部分でもあるのです。志望の動機は転職を希望する場合には、とても大きなものだという認識をしっかり持って、明確に答えられるようにしておくことが大切です。

志望の動機は詳細にアピールしよう

 志望の動機とは、応募する企業に志望する動機についてであって、応募する企業が属する業界に対する志望の動機とは異なります。転職を目指す応募者の中には、職種や業界に対する思いをアピールする人がいますが、それだけでは不十分なのです。なぜなら、職種や業界に対する志望の動機ならば、必ずしも応募する企業である必要がないかもしれないからです。志望の動機を考える場合には、職種や業界への志望動機だけではなく、応募する企業への入社を志望する動機も考えておくことが大切なのです。志望の動機は転職を成功させるためには、とても重要なアピールになるだけに、より詳細に答えられるようにしておきましょう。