紹介予定派遣から正社員を目指すという道

未経験職種に転職したいけど…

 今現在の会社に就職したはいいものの、思っていた仕事と違った…と日々感じ、転職したいなあ、と漠然と思っている人も少なくないのではないでしょうか。しかしやりたい職種があったとしても今から未経験の職種に飛び込み、また思っていたような仕事と違ったとしたら、また同じ事になってしまう…いやその前に未経験の人間をそう簡単に雇ってもらえるのだろうか?そういった不安から二の足を踏み、どうしても踏み出せない人もいるかもしれません。そんな人にとっては、紹介予定派遣から正社員を目指すという手もあるかもしれません。

紹介予定派遣とは?

 紹介予定派遣とは、通常の派遣のように、派遣会社があなたの希望の職種から派遣先を斡旋してくれるのですが、最長6ヶ月の勤務を試用期間として、派遣先とあなた双方の採用と就業の意志がマッチした場合、正社員として登用されるという制度です。

紹介予定派遣のメリット

 これにより、あなたはまず正社員として働く前にその業界の業務内容の向き不向き、そしてその会社の社風や人となりなどを知る事が出来ます。そして何より、あなたの勤務態度や頑張りを会社にアピールするチャンスが与えられている事が大きいでしょう。派遣先の会社もお試し期間という事で門戸は広くなりますし、その間に仕事を覚えて頑張りを見てもらえるのです。

紹介予定派遣のデメリット

 デメリットという派遣会社からの斡旋という点において、ある意味選択の幅が狭まるかもしれません。あと、必ずしも直接雇用とはならない場合もあるようなので、そこは必ずしっかりと派遣会社と派遣先を交えて話をしておいたほうが良いでしょう。

まとめ

 いかがだったでしょうか?希望職種の希望が明確に決まっており、業務内容とやりたい事などもはっきり見えている方には必要なかったかもしれませんが、もしそうでない方は、紹介予定派遣から正社員を目指す、という道も視野に入れてみると良いかもしれません。