転職がスムーズにいかないときに考えるべき3つのこと

転職がスムーズにいかない理由は3つある

 人生には上手くいかないことも当然、多々あるので「どうしても転職できない」といった壁に付き当たるような時もあって当然なのですが、やはり上手くいかない時には上手くいかない理由があります。

 その理由・原因は大体の場合以下の3つのように分かれるので、「上手くいかない原因がわからない」という方は以下の三点に注意してみましょう。

ハードルが高すぎて越えられないというケース

 たとえば、世の中には「やればできる」「努力をすれば何でも可能だ」といった言葉もあるのですが、現段階で可能かどうかといった見極めは非常に大切ですし、限られた時間を上手く使うためには「今の自分に就職が可能であるかどうか」といったことも考えつつ面接を受けなければなりません。

 自分の経歴を見つめてみたときに「ハードルが高すぎる」と感じた場合、また「今の自分では経験が不足している」と感じる場合は、転職先を変えるべきなので、現実を直視しつつ就職活動をおこないましょう。

他にやるべきことがあるというサインである場合

 二つ目は「他にやることがある」場合です。

 人間には、生まれもった適正があり、適正の通りに生きることができるとそれが自分にとっての「使命」となります。

 こういった使命を果たすことができれば、転職が上手くいかなくても満足して生きることができるのですが、自分の適正もわからず、やるべきことがわからない状態で生き続けているのでは当然、転職もうまくいきません。

 一つのことが上手くいかない時は、自分の適正が他にあるというサインである可能性もあるので、きちんと適正チェックをおこないましょう。

あと少し頑張れば手が届くという位置にいる可能性も

 夜明け前が一番暗いという言葉からもわかる通り、人間が諦めたくなるのは「あと一歩」という所まで頑張っている時です。

 限界まで頑張るとそこで疲れきってしまい、ゴールテープが目の前にあるにも関わらず諦めてしまいがちですが、もしかしたらあともう少しで転職できるのかもしれません。

 もう少しで届きそうな気がするときは、スムーズにことが運ばなくても諦めずに努力を続けましょう。