転職の前に考える市場価値と求人ニーズ

 転職に限らず職を見つけるというのは実力、運、情報力などいろいろな要素がからみあって決まります。

市場価値

 特に転職では自分の市場価値を冷静に分析できるかということが鍵になります。実際に自分の実力がこの業界やこの職種でどれぐらい評価されて価値があるのかというは、なかなか分かりにくいものです。自己評価では高くなりがちですし、一方で一旦自信がなくなれば自分でかなり評価を低く見積もってしまうこともあります。他業種や他職種に変わったときの評価となると益々つかみどころのない状態になってしまいますが、エージェントなど第三者の意見を参考にしつつ自分でしっかりと分析することが大切です。

求人ニーズ

 自分の市場価値がある程度分析できればすぐに自分にあった求人があるとは限りません。あくまで企業側がほしいと求人を出さなければいくら能力が高くても転職には至りません。逆に言えばそれほどでない能力でも不足している求人には好待遇での採用も決まりやすいといった状況にあるということも考慮しなければなりません。この求人ニーズを的確につかむことも自分の能力を上げる以上に転職には大切なことです。どちらかといえば転職したい時期に何が何でも転職だと考えずに能力を高めつつ、チャンスがあれば虎視眈々と狙うぐらいのほうが転職の成功確率は上がると言えます。